CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ホネホネ・クロック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

shi-ka blog

静岡のVMDインストラクター シゲタブログ
あしなが少年出現!
大道芸の初日のこと。

木製のあしながの少年を発見!

 

なんと!

今年2月のあしながワークショップに参加して、

その後、お父さんと足長を作って、

会場に来てくれました〜!

すごい〜!

少年の友達たちも、「あしながやってみたい」という声が多いようです。

またやりたいなあ。



| まるまる活動 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
今年の水石ワークショップ感想
10月3日、今年も水石ワークショップを開催しました。
 


想像以上に、参加者みなさん、夢中で石を拾って、
想像以上に楽しかったと言ってくれます。

昨年も思いましたが、今年はよりそうなりました。

昨年は、フィギアを使って水石らしきものを楽しんだワークショップでしたが、
今年は、もっと純粋に水石入門をしてみようということで計画しましたが、
狙いははずれていなかったんじゃないかと思います。



いつもご協力いただく水石やさん『明石園』の尾針さんが、いろんな意味ですごい人です。
お店も、実は品揃えもすごい(日本一???)し、とにかく味わい深い。

そして、ゆったりと時間が流れています。

県外から遊びにきたお客さんは、
明石園につれていけばいいかもしれないな。。。


| まるまる活動 | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0) | |
SCVF05あしなが空中散歩
2月27日(土)・28日(日)SCVF05がCCCにて開催されました。
そのなかで、私は『あしなが・空中散歩』を担当しました。

 
今回の講師、金井圭介さんは、10年に渡るヨーロッパを中心とした現代サーカス、コンテンポラリーダンスの世界での活動に一区切りをし、日本に帰ってきたばかりです。
今回はそんな金井さんを静岡に招いてしまいました!

ワークショップの様子は。。。

まずは金井さんの自己紹介パフォーマンスがあり、
ストレッチ、腰の入れ方、転び方、あしながに乗った時の歩き方を練習し、竹ぽっくりでイメージトレーニング。その後、あしながを補助人つきで装着します。



初回はみんな緊張しながら。。。



最初は『ムリ〜!ムリ〜!』と言いながらも何回か乗るうちに、
参加者全員がみるみる上達していきます。

その後廊下などを歩いて練習。

そして、駿府公園に空中散歩へ!



すっかり、あしながにも慣れて、公園では余裕をもって散歩しています。
凄い上達っ!






私も事前に乗って練習しましたが、
とっくに参加者に追い越されてしまいました〜!

しかし、参加者皆さんが、どんどん楽しそうになっていく姿が、
とても良かったっ。。。

ご参加いただいた皆さま、いつもご協力いただいている花澤さんまるやま、ぴかちゃん、そして講師の金井さん、シークレットゲストさん、ほんとうにほんとうにありがとうございました〜!
関係者の皆様、大変おせわになりありがとうございました。



良い余韻がまだ残っています。

また、静岡でこんなことができたらいいですよね。
金井さんとの今後のコラボもまたできたらいいなあ〜。
| まるまる活動 | 17:09 | comments(4) | trackbacks(0) | |
ほんもの
 念願のほんもの、ミヤマシジミに会ってきました。

会って来たのは9月26日。(だいぶ経ってしまった。。。)

3cmぐらいのちいさな蝶です。

成虫になったばかりの雄はきれいなブルー!

(写真は成虫になってから時間がたったものなので色があせてます。)

チョウチョが苦手な私でも感動しました。



蝶の大先生、高橋真弓先生の後をついて、

ミヤマシジミの生息地をリサーチしました。

全体的には、生息地がどんどん減ってしまっているのですが、

近年いなくなっていた河原での発見もありました!!!

高橋先生の神業採取技術も目の前で見れて感動!!!




ミヤマシジミ(絶滅危惧II類)
 本州の大河川中流域の河川敷や河岸段丘に生息するミヤマシジミは、近年の河川改修や護岸工事、宅地開発等により、全国的に激減しており、環境省 で作成されているレッドリスト(レッドデータブックに揚げるべき日本の絶滅の恐れのある野生生物の種のリスト)では絶滅危惧II類に指定されている。
 現在までの調査では、1950年以降現在までに記録されてきた確実な産地と、未発表の確認産地の計16都県約300市町村のうち、現在絶滅したと思われ る産地はおよそ6都県約140市町村に達し,この数は実に半数近くにのぼる。本種の分布推移を過去10年ごとに比較すると,1970年以降から生息地が大 幅に減少し,特に分布の辺縁部や関東周辺で著しいことを明らかにしている。
 ミヤマシジミは人為的な変動に弱いため、水辺環境の指標生物として用いることで、大河川における水域生態系の多様度や安定度を評価することも可能であ る。一般に河川の生態系を無視した河川改修では、逆に洪水による水害、水質汚染等の様々な問題を招くことが近年注目されているが、本種の生存には、氾濫に より多様な環境を作り出す後背湿地や河原の存在が重要であり、この水辺環境こそが豊かな水域生態系を育む。つまりミヤマシジミを環境指標として活用するこ とで、各河川の環境評価だけでなく、本種を含む水域生態系の保全活動の推進、さらには地域社会の生活向上に役立つことが大いに期待される。
| まるまる活動 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | |
さくらさくら
 日曜日、横沢のJ山に桜の木を100本植樹に行きました。

桜の苗は↓。袋にはいっている枝。これがあの桜の木になるんです〜。



真ん中の写真のように赤い印を付けて、間違えないようにしておきます。

そして、この道に両サイド10M間隔で植えていきます。

何十年か後には桜並木になっているんですよ〜。すごい〜。


帰ってTVをみていたら、銀閣寺の香・茶・花の番組をみかけてすごく心に響いてしまった。

とくに、華道の無雙真古流(むそうしんこりゅう)銀閣寺の花方である、佐野珠寶さん。

水面下で茎が交差しないように立てられる“和の花”は、争わず四方からみて美しい“円い花”である。“平和の姿”。“生と死”。

“生と死”の表現として、冬枯れたススキと青々とした葉で咲いたばかりのスイセンを一緒に生ける。



冬の山って、常緑樹以外は裸の木や枯れた草ばかり。
でも、枯れた姿も自然のかっこよさがあって、なかなか素敵だよな〜と思っていた。

そんな枯れ草も生ける花道が日本の侘び寂びの美しさを感じた。

毎日山の草木を生けれたらいい。山の基地ができたら。もちろん枯れすすきも生けれるように。


最後の写真は帰り道見つけた小さな白い木花〜。
| まるまる活動 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | |
まるやま活動
「浅間通りでおもてなし」というイベントに行ってきました。
山間地の出店が多く出ていたので、情報収集に。
ネクトというお茶生産会社さんのカフェが一瞬でた晴れ間にいい雰囲気をだしています。



初、葵くんっ!
私の個人的なイメージは「シダ植物の前葉体着ぐるみ」
手をつないで写真とりました。
触りごこちもなかなかいい。

もうちょっとだけちゃんとした内容はまるやまの方に書きました〜。
http://myama.eshizuoka.jp/

| まるまる活動 | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) | |
まるやまです。
 即席、「まるやま」blogつくりました〜!

これから、まるやまの準備活動をココ↓にアップしていきます。

応援よろしくおねがいしま〜す。

http://myama.eshizuoka.jp/




| まるまる活動 | 22:28 | comments(1) | trackbacks(0) | |
さわやか系 その2
日曜日も。

朝からグリーンバードだ!もちろん、さわやかだ!

これも、やっとやっとやっと参加した。

ゴミって意外にあるんだな〜。と初参加者のお決まりの感想をもらしながらのゴミひろい。

グリーンバードって、

ゴミ拾ってるのに、なんかカッコイイことしてますっ!みたいな錯覚に陥る。

参加者がそんなこと思いながらゴミひろいすることが狙いなんだよね〜。

なるほど〜。

なんでも実際やってみないと。



| まるまる活動 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | |
さわやか系 その1
友人たちが第2第4土曜日に出店している朝市。

やっとやっと、行けました。

いつも裏方で、内向的なわたしはぎこちなく店頭でうろうろ。。。

もうちょっと社会性が必要だ!わかってます!無理してます!

でも、朝の空気はきもちいい。

継続していかなくっちゃ!

 
| まるまる活動 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | |
山よ
 山について。

ふつうの山、日本の山、静岡の山。

温暖湿潤気候の山。
温暖湿潤気候世界ではこんな地域↓


温帯混合林…常緑・落葉広葉樹林と針葉樹林が混在。比較的肥沃な褐色森林土が分布している。

冬の山はちょっと切なくて、地味で懐かしい。

それがいい。



| まるまる活動 | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| 1/2PAGES | >>