CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ホネホネ・クロック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

shi-ka blog

静岡のVMDインストラクター シゲタブログ
<< 2013年02月11日のつぶやき | main | 春いろ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
登呂遺跡とフィンランドのこと
2014.03.08 晴れ

登呂遺跡に行ってみる。
実際みてみるとやはり凄いと思いました。
弥生時代にこんなにきれいな建物があって、お米を作って食べていたのですね。





登呂遺跡のあと、近くの友人のティーパーティーに行ってきました。
造園やさんということで、すてきなエクステリアやめずらし(?)植物が。
フィンランドの布のお話を聴く会だったので、フィンランドのおやつを食べて、
物を大切に親しんで使う生活のお話を伺ったり。
今、収納プランナーの勉強をしていたので、
物とのつきあい方について、考えました。
「片付けられない」という悩みは、ここ最近の現代の悩みであって、もちろん弥生時代にはなかったし、
安く大量のものを使い捨てる生活に馴染んでしまったことが原因のひとつでもあります。


 
フィンランドでは、ラップは使わないそうです。
例えば自分のイニシャルとか模様を手刺繍した麻布。それをさらっとかけたり。
もちろん、永く使うし、リユース、リサイクルも上手にしているようです。
ちゃんといい物を、気に入って、大切に永く使う。そんなに多くの物は持たない。
それが、地に足をつけて人生を楽しむ秘訣なのかな。
今、家中の物の個数を数えていますが、数千個といより、万かな〜。ウチは末期です。

 
| 日記・メモ | 19:07 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 19:07 | - | - | |